大乗それは偉大な乗り物、万人を乗せる救済の船
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2017/03/11
06:25:26
事物には裏と表ありまして裏表で事物は
出来ているんでございます。

裏表は裏表であるなすから一見矛盾して見えて
違うものに見えるのでございますが裏表は裏表ですから
ひとつのものに決まっております。

教えと言うものは矛盾が無いように側面から説かれまして
側面から説かれた教えを方便と申します。

極と極は裏表でありますからひとつの物なのでご御座いまして
この中心、真ん中が中道で御座して極と極を繋ぎ中心に
あることが大和のひとつなので御座います。

例を申しますと
無我と一切は私はひとつの状態の二つの側面でありまして
故に裏と表なのです。
一切が私なら無我でありまして無我なら一切が私なので
ありますがこれが中々理解されず対立にもなるので御座います。

明け渡しの裏は成るで御座いまして
貴方が瞑想になりましたら瞑想で無いものは無いので御座いまして
これが私がお勧めしている二十四時間瞑想です。
貴方が仕事に成れば貴方が仕事ですからもう失業は
無いので御座います。
明け渡しせば何かに成るので御座います。

神と仏も本体は同じでありましてその働きが
異なるので御座いまして

無と有も裏表で御座いまして
有の本体は無で御座いまして
無の姿は有なので御座います。

どちらが真実か?と言うんはこの疑問じたいが
そもそも間違っているので御座います。
裏表は二に
二二不二で御座います。

対極は裏表で一体だとご理解いただきまして
有るからはなれて無いからはなれて有る無いからも離れまして

宇宙の一本の木と見ていただけましたら幸いで御座います。

フェイスブックでも活動してます。
明日の日本を考えるグループです。
絶対なる存在を信じているか信じたい人で
より良い明日の日本を一緒に考たい人是非ご参加ください。
https://www.facebook.com/groups/1862871873998788/
スポンサーサイト

06:43:26
兄弟の皆さん今日。


今日は神示から随神です。


「教はなくなるぞ、元の道が光り輝くぞ、
これを惟神(かんながら)の道と申 すぞ。」


「惟神(かんながら)の道 とか神道とか
日本の道とか今の臣民申してゐるが、
それが一等の間違ひざぞと申してあろが、
惟神(かんながら)とは神人共に融け合った
姿ざぞ。今の臣民 神無くして居るではないか、
それ で惟神も神道もないぞ、
心大きく、深く、広く持ちて下されよ、
愈々となるまでは落しておくから見 当とれんから、
よくこの神示読んでおいて下されよ。」


「神かかってゐないと見える神カカリが
誠の神カカリと申してあろが。
そこらに御座る神憑り は五段目六段目の神憑りぞ。
神カカリとは惟神(かむながら)の事ぞ、
これが神国の真事(まこ と)の臣民の姿ぞ。
惟神の国、惟神ぞ、神と人と融け合った真事の姿ぞ」


神の大道とは、かんながらです。
かんながらとは外面的に二で内面的には二の無い状態です。
外面的には分離があり、内面的には宇宙と一体となって
大歓喜になって居ることをかんながらと言います。


外面的に分離があっても内面的に
一切と私になんの異なりもなく
個人としての私が消滅して居てなるように任せきっていて
完全に委ねきって居ることがかんながらです。


風に揺られてふらりふらりと揺れ動く風鈴の様なもの
大空に浮かぶ雲の様なものそれがかんながらです。


これは人の境地の最大の境地で東洋では
マハムドラーとも呼ばれています。
神の大道とはかんながらです。


出来たらランキングバナーのクリックを。

掲示板にもご参加ください。


  ブログランキング・
一日一回クリックをお願いいたします。

2015/03/21
18:24:06
兄弟の皆さん今日は。


虚空と貴方があれば虚空と貴方に境があり、
貴方が虚空になれば虚空と貴方に境は無い
貴方が虚空であるならば箱の中の虚空と外の虚空に境は無い。
故に外面的に分離され内面的に一つである、
分離して分離せず、統合して統合せざる陰陽不二の
境地が存在し得るのである。
貴方が何かで無ければ内と外は異ならない。


https://www.facebook.com/profile.php?id=100008228190046
出来たらランキングバナーのクリックを。

掲示板にもご参加ください。


  ブログランキング・
一日一回クリックをお願いいたします。

2015/02/09
18:04:18
宿命とは起きることは起きて決して
変えられないと言うことで静止を司り


運命とは内側が変われば外側も変わり
心が変われば運命も変わり動きを司る


静止の宿命は変化を否定しないから運命と共存する


宿命を感じて不動の心を持ち
運命を感じて一生懸命に生きる


人の私の動きと言う感覚は心の動揺から現れる
動かずに動くこと
心は静かに行為は精一杯


行為は続くが私の行為は無いを体得すんです。


フェイスブックでも活動しております。
是非お友達になって下さい。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008228190046
出来たらランキングバナーのクリックを。

掲示板にもご参加ください。


  ブログランキング・
一日一回クリックをお願いいたします。

検索フォーム
人気ブログランキング
現在のランキングです
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

一日一回クリックを
掲示板
掲示板
このブログをリンクに追加する
お勧めブログ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブックマーク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。